インフォグリーン since 1999 ... Plants, Agriculture, Horticulture, Life and Cosmos

'08.1.8

アブラムシと寄生バチ

20080106Video 吸汁性害虫とされているアブラムシと、その天敵のハチの、興味深い生態を撮影できました。

 農産物の安定生産という名目のため、生産や流通の現場では場当たり的なやり方が積み重ねられきたように思います。その結果、土地は荒廃し、作物が採れなくなるという痛手を被ることになりました。農薬や化学肥料への依存がよくないとわかっていても、反省や改善は後回しにされました。人々は、何らかの作物が得られるうちは「まだ大丈夫」と思うものなのでしょう。大事に至りさえしなければ、問題は放置されたままです。しかし、大事に至ったときは手遅れになっているということも少なくないようです。

 天敵を利用した防虫システムが開発されたのは20世紀末で、これらは生物農薬と呼ばれるようになりました。この、自然から技術を得る発想はおもしろいと思います。それが絶対的によいものであるのかどうかはよくわかりませんが、動画では、寄生バチがアブラムシの体に産卵している様子がよく分かります。自然のしくみはすごいものだとつくづく感じます。

矢部完

2008.1.8

3 TOPICS Top

Page Top

Infogreen HOME

Copyright Infogreen since 1999. All rights reserved.